らいふさぽーと桜
[指定特定相談支援事業]
「サービス等利用計画・障がい児支援利用計画」の作成が始まりました。平成24年4月の障害者自立支援法・児童福祉法の一部改正により、 障害福祉サービス・障害児通所支援を利用するすべての利用者の方に、サービス等利用計画(又は障害児支援利用計画)を作成することになりました。
栃木市では、平成27年3月までに、すべてのサービス利用者にサービス等利用計画が作成されるよう、段階的に計画対象者が拡大される予定です。


 


[サービス等利用計画・障がい児支援利用計画]

障がい者(児)の自立した生活を支え、障がい者(児)の抱える課題の解決や、適切なサービスに向けてケアマネージメントにより支援していくものです。 このため、障がい福祉サービスを利用するためには、「サービス等利用計画」を、市に提出することが必要となりました。




[
計画作成者]
栃木市の指定を受けた「指定特定相談支援事業者」「指定障害児相談支援事業者」が作成します。事業者に代わり、本人や家族、支援者等がセルフケアプランを作成することも可能です。(その場合、市から作成者へ報酬は支払われません)



[費用]
計画作成の際に、利用者が負担する費用はありません。



〔個別計画とサービス等利用計画の違いは]

個別支援計画とは、サービス提供事業者(通所先や居宅介護事業者など)が作成する計画です。 この計画は、サービス提供事業所の中での取り組みを中心にまとめたもので、ご本人のサービス等利用計画の方針を踏まえた計画となります。

[計画を活用する利点]

・相談支援事業所から適切なサービスの組み合わせの
提案を受けることができます。
・一つの計画をもとに、関係者が情報を共有し、一体
的な支援を受けることができます。
・本人のニーズに基づく計画を作成することで、本人
中心の支援を受けることができます。


【 さくら工房OPEN! 】
平成26年4月に「さくら工房」をOPENし、ジェラート販売を行っております。



        [計画相談支援の流れは]

1.申請・相談
2.契約(ご本人と指定特定相談事業所)
3.サービス等利用計画案作成依頼
4.サービス等利用計画の作成
5.支給決定
6.サービス等利用計画書提出
7.サービス利用開始
8.モニタリング
※モニタリングとは、サービスの利用状況について、定期的に確認をすることです。
※必要に応じて、「サービス担当者会議」を開催します。
※詳しいお問い合わせは
らいふさぽーと桜 まで
0282-20-0611


社会福祉法人 洗心会様ホームーページ


医療法人 大樹会様ホームーページ